ちゃんこ鍋一筋四十五年

鍋の野菜も
脂が溶け出した
ちゃんこ鍋
スープを吸って
後を引くうまさ

鶏を丸ごとじっくりと
たっぷり時間をかけて
煮込んだ極上の味
まずは旨味の凝縮された
琥珀色のスープを
フーフー、ゴクリ

次はつくね
次は魚や野菜と
パクパクムシャムシャ
鍋の後のお楽しみは
うどん?雑炊?
何でしめようか?

新着情報

2018.09.29 2018.09.29 2018.09.29

冬のご馳走!鱈ちり鍋始まりました。

冬といえばやっぱり「鱈」。八方だしで作る鱈ちりはまさに冬のご馳走です! お鍋の他にも舌でとろける極上美味なお酒の肴、白子料理もご用意しております。 合わせてご賞味ください。 ※一部、実施していない店舗がございます。※開...

「冬季限定」鮟鱇メニュー登場!

ちゃんこ江戸沢の冬季限定メニュー第二弾。 淡白でカロリーも低く、昔から高級食材ととして重宝されてきた鮟鱇。 特に、”あん肝”は栄養価が高く、コクのある味わいは海のフォアグラとも称されています。 あん肝を贅沢に溶かし込ん...

ランチメニューが新しくなりました。

冬にぴったり!ちゃんこ鍋定食が登場しました。さらに江戸沢自慢の天丼と、定番の定食をご用意しました。 ※一部、実施していない店舗がございます。詳しくはご利用の店舗へお電話にてご確認ください。

お知らせ一覧

吟味を重ねた
素材の妙

歴史

創業 昭和四十九年
現役時代の四股名を
屋号に冠して開業
美しい自然に恵まれた
海山の幸をはじめ
目にも舌にも
お愉しみいただける
記憶に残る味
心尽くしのおもてなしで
お迎えいたします

相撲部屋で鍋を食べるようになったのは明治時代。十九代横綱の出羽海部屋が相撲部屋のちゃんことして鍋をメインの食事にしたことが始まりです。語源は、相撲部屋での親方と弟子の関係からきていると言われていて、親方を「父親=ちゃん」とし、弟子を「子=こ」として、一緒に食べるので「ちゃんこ」と言われています。

元力士の創業者から、伝統の味を継承して45年。江戸沢部屋のソップ炊きで、毎朝炊き出した鶏ガラスープと当店の秘伝の塩を組み合わせ、そこに食材の旨味も組み合わさり極上のスープが完成します。その秘伝のスープを元に、醤油、塩、味噌、そしてキムチ風味の“闘魂”味と、スープは4種類から選べるのも人気の秘密です。

当店では具材たっぷりで食べごたえのあるちゃんこ鍋をご提供しております。使用する食材は市場で、職人の目で目利きした食材のみを仕入れています。また、その日使用する分だけの野菜を仕入れ、毎日仕入れに行くことで、いつでも最高鮮度の食材をご堪能頂けます。ヘルシーなので女性にも人気です。