本格鶏ソップ鍋専門店

創業四十五年の伝統の味を受け継いだ
秘伝のスープで煮込む「鶏ソップ鍋」と
産地直送の朝採れ鮮魚をリーズナブルにご提供

完全個室で過ごす特別な時間

相撲部屋を模した和風の個室は
2名様から大人数様まで対応可能。
ご宴会やデートなど、様々なシーンで
ご利用いただけます。

和食の出汁には日本酒で一杯

お米から出来た日本酒と
日本古来の食材で炊き出したスープは
相性抜群の組み合わせ。

新着情報

銘柄鶏を使用したちりとり鍋が始まりました。

ちりとり鍋とは、ちりとりのように底の浅い四角い鍋を使用した大阪府発祥の料理です。 たっぷりのお野菜とお肉が渾然一体となった美味しさがたまりません! 〆の雑炊やうどんまで美味しいお鍋です。 また、今が一番美味しい時期の活...

<期間限定メニュー>博多牛もつ鍋

5月21日から、期間限定メニュー『博多牛もつ鍋』が登場しました。 濃厚な白みそ風味にもつの上質な脂が溶け出したスープは、やみつきになること間違いなし! また、今が旬の真鰺を丸々1匹を使用した『真鰺のお造り』や 甘く新鮮...

グランドメニューリニューアル

5月22日よりホームページ記載のお料理のメニューが変更になります。 お料理のメニューの詳細につきましては下記リンクのページよりご確認いただけます。 ⇒お品書きはこちら ※一部、実施していない店舗がございます。詳しくはご...

お知らせ一覧

「鶏ソップ鍋」って?

歴史

昔の相撲部屋は貧しく、魚料理が中心の生活でした。
たまに食べられる肉も、四本足のものは
『手をつく=負け』につながるため、避けられたそうです。
その中で鶏は二本足のため縁起がいいとされ、
数少ない贅沢とゲン担ぎの料理として古くから慕われてきたのです。

鶏の中でも旨みの強い「老鶏」を丸ごと煮込み、
秘伝の鶏ソップ(=スープ)で煮込んだ
江戸沢の鶏ソップ鍋。是非ご賞味ください。

相撲部屋で鍋を食べるようになったのは明治時代。十九代横綱の出羽海部屋が相撲部屋のちゃんことして鍋をメインの食事にしたことが始まりです。語源は、相撲部屋での親方と弟子の関係からきていると言われていて、親方を「父親=ちゃん」とし、弟子を「子=こ」として、一緒に食べるので「ちゃんこ」と言われています。

元力士の創業者から、伝統の味を継承して45年。江戸沢部屋のソップ炊きで、毎朝炊き出した鶏ガラスープと当店の秘伝の塩を組み合わせ、そこに食材の旨味も組み合わさり極上のスープが完成します。その秘伝のスープを元に、醤油、塩、味噌、そしてキムチ風味の“闘魂”味と、スープは4種類から選べるのも人気の秘密です。

当店では具材たっぷりで食べごたえのあるちゃんこ鍋をご提供しております。使用する食材は市場で、職人の目で目利きした食材のみを仕入れています。また、その日使用する分だけの野菜を仕入れ、毎日仕入れに行くことで、いつでも最高鮮度の食材をご堪能頂けます。ヘルシーなので女性にも人気です。

漁師の味をそのままお届け

鮮魚

豊洲や、近隣の市場から仕入れた
鮮魚をご用意しております。
季節に合わせた色とりどりの逸品を
ぜひ、お試しください。

日本一のまぐろ水揚げ高を誇る静岡県焼津から直送された、まぐろ希少部位の切り落としやカマ焼きは必食です。
他にも産地直送の鮮魚を使用した盛り合わせなど、こだわりの日本酒・焼酎と相性抜群な逸品をご用意しております。

お品書き

豊洲市場や地場で厳選した食材を使用したこだわりの季節料理を、完全個室でごゆっくりお楽しみください。